昨年から一緒に木のプロダクト開発などを進めている手作り注文家具屋 MINATO FURNITUREこと、湊 哲一(みなと のりかず)さん。

湊さんの出身地である秋田県能代市は、かつて林業で一時代を築き、
いまも多くの木材関係の会社があります。
湊さんが、あきらめきれずに家具作りを職業にするまでのこと、
釘や塗料を使わずに、無垢の木にこだわるスタンス、
故郷の森やものづくりに、これからどう関わっていきたいと思っているのか。
肩ヒジはらずにゆるりと
ふるさとと、今の立ち位置とを、どこかリンクしていきたい。
そんな想いをもしあなたが持っていたら、何かが共鳴して拡がっていくようなお話です。

 

100年でも長持ちするものを作りたいな、と思った

 

—— こうしてあらためて聞くって新鮮ですね(笑)

ですね(笑)

—— 湊さんの出身は、かつて林業で一時代を築いた街「能代」ですけど、子供の頃から木って触っていたんですか?

いや、あんまり、してないですね。
だけど・・・親と一緒になんか木工やったりとか、
ちょっとした小物作ったりとかは記憶にあったかな。
地元の、どこかの公園とかで、たまに家族で作りましょう、という記憶。
ほとんど杉だったっていうのも覚えてるし。
でも、特にものすごい衝撃を受けた、とか、そういうのは全くないですね。

 


※ MINATO FURNITUREがある横浜市青葉台寺家へ向かう道。青葉台駅からバスで15分ほど行った終点は緑に溢れています。

 

—— そうなんですね。いつから、家具やろうと思ったんですか?

大学進学で東京に出てきたんですけど、
店舗デザインをやりたいなー、て思って。
大学は全然関係ない学部だったんで、卒業後、専門学校に行きました。

—— なるほど。そこで家具作りを学んだ?

いえ、まったく(笑)
専門学校はインテリア全般だったです。
だけど、家具をデザインしてプロトタイプ作ってとか、そういうのをやる学校では全然なくて。
図面書いたり、はしてたけど。
けど、そのときも、自分で作りたいなというものを
合板とかでちょこちょこっと作ったりしてて。
学校じゃ家具作り教えてくれないから、
地元の「能代市木の学校」で教えてもらったのが最初の作品かな。

—— 何を作ったんですか?

え~と、ローテーブル。
座卓というか、地面にべたっとつくくらいの、すごい低いテーブル。

—— おもしろかったですか?

めちゃめちゃおもしろかったですね!
そのときは木や家具作りのことと全然わかんなかったから、色々相談しながら。
木の種類とか、機械のこととか、塗装のこととかも。
ほぼ1ヶ月、専門学校の夏休み使って、毎日通ってて。
意外にそれがきっかけだったかもしれない。
そのあと設計の事務所に入っちゃったけど。でも、それが忘れられなくて。

 


※ バスを降りて坂を下り、1分も経たずに広がる田園風景。

 

—— なるほど。そういうきっかけだったんですね。そして、設計事務所に就職するんですよね?

うん。それも学校の先生のところで。

—— そうなんですね。

どこで就職しようかな、って、すごい考えてて、あっというまに卒業になっちゃって。
そしたらちょうど拾ってくれた。
とはいっても従業員一人だけなんだけど(笑)

—— じゃあ、そこを辞めるときは、木工やろうと思ったんですか?

うん、そう!
専門学校のときに、いま僕らがやっている木工教室の延長のような、
woodwork NAGAOっていう木工教室に、1回行ったんですよ。
訓練校とかそういうのは、全然、頭になくて。
そこが普通の木工教室じゃなくて、お客さんの仕事もやらせてくれる。
そこでちゃんとした仕事も1、2回やらせてもらって。
でも、家具の仕事って、もうかんないから、それで一回あきらめて。
絶対食っていけないと思って。
そのままずるずると事務所に入って。
だけど、どうしてもあきらめられなくなっちゃって、それで結局そこに行くんですよね。

 

 


※ バス停を降りて真っ直ぐ進んだら、小さな山を一つ越えます。

 

—— どうして、あきらめられなくなったんでしょうね?

それは多分、なんて言ったらいいんだろ。
店舗って、すぐ、ぶっこわしちゃうじゃないですか。

—— そうですね(笑) 切ないですよね。

それが嫌になっちゃった・・・というか。
それと全く対称じゃないけど、100年でも長持ちするもの作りたいなと思った。
家具なら、自分の中で最初から最後まで終わらせることができるし。

—— 商業施設の店舗なんかは、極端に言えばハリボテですもんね、今思えば。

そうですよね。あと仕事も、ほとんど図面書きとCGばっかりで。
出張とかもないし、だいたい留守番だったんすよ(笑)

 

(続きます)

INTERVIEWEE’S INFO
湊 哲一
MINATO FURNITURE
〒227-0031
神奈川県横浜市青葉区寺家町337
TEL&FAX: 045-963-0206
E-MAIL: info@minatofurniture.com
Website: http://minatofurniture.com
田園都市線青葉台駅より東急バス『鴨志田団地行き』で鴨志田団地で下車
小田急線柿生駅より小田急バス『市ヶ尾行き』で早野で下車 徒歩10分